アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
借金の解決法
秘書

借金返済に行き詰まってしまうと、短絡的に自己破産を連想する人が多いですが、法的に認められている債務整理には、もっと別の手段が用意されています。
弁護士に借金問題を相談した場合であれば、まず任意整理の可能性の有無から探るようになるのが普通です。
任意整理というのは、簡単に言うと、債権者に交渉して借入残高を減らしてもらう方法です。
現在の状態では返済していくことができないという人でも、少し金額を減らしてもらうことができれば、返済し続けていくことができるというケースが結構あります。
債権者の方としても、債務者に自己破産されてしまうよりはマシだと考えますので、減額交渉に応じてくれる可能性が高いです。
ただし、海千山千の金融業者を相手に交渉するわけですから、素人ではまず太刀打ちできません。
でも、弁護士は豊富な法律知識を持っているだけでなく、交渉事のプロですので、金融業者を相手にした場合でも、一歩も引くことなく交渉にあたってくれます。

費用について

弁護士に債務整理を依頼したいと考えても、費用を用意することができないので諦めるしかないと考える人が少なくありません。
しかし、そのままの状態を続けていると、そう遠からぬ将来、確実に生活が破綻してしまいます。
ですので、まずは勇気も奮い起こして法律事務所の門を叩いてみるのが望ましいです。
法律事務所の中には、債務整理に関する相談には無料対応してくれるようになっているところもあります。
借金で首が回らない状態になっている人にとって、無料で専門家に相談することができるようになっているのはありがたい限りです。
もちろん、実際に事件を依頼することになった場合には、それ相応の費用がかかることになりますが、費用の分割払いや後払いに対応してくれるようになっている事務所も存在しています。
また、どうしても費用を捻出することが難しいという人の場合でも、法テラスに相談すれば有利な条件で弁護士費用を借りることができます。
ですので、簡単に諦めてしまう必要はありません。

オススメリンク

忙しい毎日

相談会に参加

最近では、多くの弁護士や弁護士会が主体となって債務整理についての相談会を行っています。
全ての相談会が無料で開かれており、参加も自由なので、少しでも気になることがあれば何でも相談できるような環境作りが進められています。
各法律事務所でも相談は受け付けていますが、一般人にとって法?Read more

会議室

債務整理とは

借金をする場合は計画をしっかりと立てて、自分が返せる範囲で借りる必要があります。
しかし、借りても返せるだろうと自分の返済能力を過信したばかりに、借金が返せないほどに膨らみ苦しみを味わってしまう人も中にはいます。
借りたのは自分なので、最後まで責任を持たなければなりませんが、も?Read more

関連リンク